犬の熱中症の心配を解消する

 

犬も熱中症になります!

ご用心!夏は人間と同様犬も熱中症になります

 

暑い日、たまに犬も飼い主もふうふう散歩しています。熱中症の危険があります。

 

犬の汗腺は肉球以外にはないのです。ハア、ハアと舌を長く、出して息を吐くことで、体温調節をしているので、特に蒸し暑い今年の夏は、気をつけてあげたいものです。

特になりやすいのは

  • ブルドッグ
  • パグの他
  • スパニエル
  • チャウチャウ
  • チンなど。

 

頭の犬種のみならず、ご存知のように犬は皮膚から汗が出ませんので注意が必要です

 

舗装、アスファルト路面に注意

 

  • 暑さに加えてきついのが、太陽光線。アスファルトの照り返しなどもあります。
  • 面から間直の背の低い犬が受けるダメージは人間以上です。
  • お散歩には、朝、夕の涼しい時間をとりましょう。危険な日中は避けるべきです。

 

水分を与える

 

  • 夏は、また脱水症状にはくれぐれも気をつけましょう。お水をちゃんと飲んでいるかどうか確認しましょう。
  •  

  • 直接水を飲んでいないのなら砕いた氷を与えるなどして、十分に水分を取らせるようにします。
  •  

  • た、夏の暑いときの食事は、フードに水分を多く含むウェットタイプに変えるというのも1つの方法でしょう。

 

室内犬の暑さ対策は適温で!

  • 室内飼いの犬の場合は、エアコンを入れたり、扇風機を回すなどして、室内の温度を適当に下げて過ごしやすい環境にしてあげましょう。
  •  

  • 温度設定はあまり室内が冷えすぎないように高めにするのがポイントです。

 

涼しいグッズを与える

 

面温度の低い、アルミボードや大理石ボードなど、犬がゆったりとくつろげる、涼しいグッズを用意してあげましょう。

 

だし、注意が必要なものがあります。保冷剤や冷たいボトルを与える際には、犬が遊びながら噛んでしまったりすることもあります。与える際に保護タオルを巻くなど、十分注意するようにしたいものです。

 

犬の航空機での輸送停止

 

  • 犬が航空機で輸送される際には、客室ではなく貨物室で運ばれるのですが、この貨物室、基本的には温度の設定はほぼ客室と同じです。
  •  

  • しかし、最近、航空会社のJALやANAなどの暑さ、温度変化に弱いブルドックやパグなどの「短頭犬種」の国際線・国内線での輸送を取りやめています。
  •  

  • 由は貨物の出し入れの際など、温度が上がりやすいこともあるそうで、「短頭犬種」の死亡事例が相次いだ事を受けて、輸送停止となったようです。